ジョーコーポレーション(東京)が就活生におすすめの理由とは?

ジョーコーポレーション(東京)が就活生におすすめの理由とは?倒産した愛媛の会社とは一切関係ないので注意!

こんにちは。あいこです。

就活生が志望する人気業界の一つに不動産業界があります。
私の周りでも不動産業界に就職した人が何人もいました。

ただ、不動産会社って数が多くてどこの会社が良いのか分からないですよね。

そこで今回は、私がおすすめする不動産会社「ジョーコーポレーション」について紹介したいと思います。

会社情報の他に採用情報なども紹介しているのでぜひ参考にしてもらえると嬉しいです(^^)/

ジョーコーポレーションの会社概要

会社名:株式会社ジョー・コーポレーション
所在地:東京都千代田区麹町2-3-9 麹町プレイス4階
代表者:堀切健司
設立:1997年1月20日(第25期目)
資本金:20,000,000円
加盟団体:社)全日本不動産協会 社)不動産保証協会

引用:ジョーコーポレーション│会社概要

20年続く会社の生存率は0.4%と言われています。
そんな中でジョーコーポレーションは25期目を迎える安定した会社です。

コロナ渦を経験し会社の安定性を重要視する就活生も増えてきました。
ジョーコーポレーションは25期目を迎えた現在も安定して事業を行っているので、将来の心配は少ないのかなと思います。

また、不動産会社の中には悪徳会社もありますが、ジョーコーポレーションは全日本不動産協会と不動産保証協会に加盟しているので悪徳不動産業者という心配もありません(*^^*)

ジョーコーポレーションの7つの事業

ジョーコーポレーションでは7つの事業を展開しています。

【ジョーコーポレーションの事業】

  1. 建築コンサルティング
  2. 不動産証券化/投資事業
  3. 都市再開発事業
  4. 住宅事業(戸建/マンション)
  5. ビジネス/リゾートホテル開発事業
  6. マリーナ開発事業
  7. 海外不動産事業

コンサルティングや投資事業など幅広く事業展開しているので就職してもマンネリ化することなく働くことができると思います(^^)/

そして、どの事業にも共通しているのが不動産ビジネスを通じて社会に貢献し、あらゆる不動産情報に可能性を追求していく。そして、「感謝」「信頼」「調和」を大切にしていることです。

これはジョーコーポレーションの社名Joe(Joy、Open、Energetic)にも関係しており、ジョーコーポレーションが大切にしていることでもあります。

ジョーコーポレーションの実績

ジョーコーポレーションはこれまでに国内外で様々な実績を残してきました。
ここで、ジョーコーポレーションの実績を3つ紹介していきます。

ジョーコーポレーションの実績:サトヤマ

ジョーコーポレーション(東京)が就活生におすすめの理由とは?倒産した愛媛の会社とは一切関係ないので注意!

画像引用:SATOYAMA VILLAGE

サトヤマは北九州市、北九州市立大学、建築家、デザイナーなどたくさんの人々と共に進めてきたモデル街区整備事業です。

山を切り崩して構成された住宅地は、車が入れない造りになっており住民や子供たちが安心して過ごせる環境になっています。

昔ながらの日本の風景である里山を想わせ、人と自然とが共存していく。
集まった分だけみんなが豊かになれる、そんな暮らしの住空間を造りあげたそうです。

ジョーコーポレーションの実績:鳥羽マリーナ&リゾート開発プロジェクト

ジョーコーポレーション(東京)が就活生におすすめの理由とは?倒産した愛媛の会社とは一切関係ないので注意!

画像引用:ジョーコーポレーション│事業実績

ジョーコーポレーションでは、日本政府が目標と掲げている『海事観光分野における観光先進国』の構想へ向けて、第一号案件として三重県鳥羽市にスーパーヨット専用プライベートマリーナの再生計画を進めてきました。

このマリーナは国内ではとても珍しい「海面の土地所有権」を有する希少なマリーナで、三重県・鳥羽・伊勢志摩の活性化につながるような観光産業の発展を目指した地方創生のプロジェクトになっています。

ジョーコーポレーションの実績:ポイペト開発プロジェクト

このプロジェクトはカンボジアで行われたものです。
カンボジアは地理的優位、物流インフラの急成長、「タイプラスワン」の相乗効果もあり多くの外資系企業が進出している今注目の国です。

そんな国で行われたプロジェクトは、日本人駐在員向けサービスアパートメントの開発です。
住居者に快適な滞在生活を送ってもらえるよう、建物の造りだけでなくきめ細やかなサービスにもこだわったアパートメントを造りあげたそうです。

このようにジョーコーポレーションは国内のみならず世界でも実績を残してきた会社です。
今後も日本の不動産は世界での需要が伸び続けると思うので、ジョーコーポレーションのように早い段階から海外進出している企業は優位だなと思いました。

ジョーコーポレーションの採用情報

現在、ジョーコーポレーションでは4事業部門の採用募集を行っています。
公式ホームページから応募できるので興味のある人はぜひチェックしてみてください。

職務内容
1.開発事業部門:全国エリアの不動産開発用地の事業企画及び用地仕入れ。
2.法人営業部門:あらゆる企業、事業法人とのパイプを構築し不動産流動化を図る。
3.投資事業部門:不動産再生事業等における投資物件の選定、取得、運営。
4.庶務:上記部門のサポート業務全般

 

《応募資格》大卒以上。有資格者、経験者は歓迎。正社員(試用期間3ヶ月)
《勤務地》本社(東京都)
《勤務時間》9:30-18:30
《給与》年齢・経験・資格等考慮の上規定。
《休日休暇》週休2日制(土・日・祝)、年末年始休暇、夏期休暇、有給休暇
《交通費》全額支給
《社会保険》完備
《応募について》まずは、履歴書・職務経歴書を送付。書類選考、面接(適正試験、社長面接あり)書類選考通過者のみに連絡、書類返却はなし。

引用:ジョーコーポレーション│リクルート

ジョーコーポレーション│社員の口コミ

せっかく働くなら後悔ない会社で働きたいものです。
そこで参考になるのが社員の口コミ。
ここで、ジョーコーポレーションで実際に働いているor働いたことがある人の口コミを紹介します。

ジョーコーポレーション評判①

ジョーコーポレーション(東京)が就活生におすすめの理由とは?

最初から最後まで任せてもらえるのは大きなやりがいがあって良いですね。
業務分担で分かれている会社もありますが、最後まで見届けられないと責任感が少し欠けてしまうことがあると思います。
その一方でジョーコーポレーションでは一貫して任せてもらえるので自分の成長にも繋がりそうです。

ジョーコーポレーション評判②

ジョーコーポレーション(東京)が就活生におすすめの理由とは?

社会貢献活動が高い会社は安心して就職できる会社だと思います。
というのも、貢献度が高いということで社会的に意義のある会社に携わっていると社員満足度が高くなり、会社全体のパフォーマンス向上に繋がるからです。
それに、自分の会社に自信を持てるので働きがいもあると思います!

画像引用:Lighthouse

愛媛のジョーコーポレーションとは一切関係なし!

ジョーコーポレーションと検索すると、「愛媛の優良企業―ジョーコーポレーションが倒産」といった記事がでてきますが、今回紹介したジョーコーポレーション(東京)とは一切関係ないので注意してくださいね。

同じ社名ですがグループ会社でもなければ子会社でもありません!
東京のジョーコーポレーションは倒産の危機はないので安心してください。

そして、今後もジョーコーポレーションは国内外であらゆる実績を残し続けていくと思います。
幅広い視野で不動産ビジネスをやりたい人、大企業にはない風通しの良い環境で働きたい人、自己成長に挑戦したい人はジョーコーポレーションにぴったりだと思うので、ぜひ就活の参考にしてみてください(^^)/